特別寄稿:世界の視線が注がれる中国両会

BS科帕酒店

2018-11-09

新華網北京3月15日(記者/李雪笛) 春と同時に訪れる中国の両会(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)は毎年、中国と世界に新しい風を吹かせる。

「中国の貢献」、「中国モデル」、「中国プラン」といったメディアが一面記事で報じる両会のキーワードは、外界から見て自信に溢れ、責任感のある中国のイメージを映し出している。 「両会は中国国内だけの事務ではなくなり、全世界に巨大な影響を及ぼすこと」は、国際社会の幅広い共通認識になっている。 成長のエネルギー 中国の貢献は世界に自信を持たせる統計によると、今年に両会報道への参加申込みを行った外国人記者は1,250人に上り、記者全体の約3分の1を占め、過去最高を更新した。 新華網の世論状況データの分析から、外国世論の今年の両会への注目度指数は昨年比で80.89%上昇し、「中国を観察し、学ぶべき点を共有する」といった世論の雰囲気を体現していることがわかった。 政府活動報告のデータによると、2016年中国の国内総生産(GDP)は74兆4千億元で6.7%増加し、世界のトップクラスとなり、世界経済の成長への貢献度は30%を超えた。 堅実な経済データは、健全で安定した経済発展を維持する中国の自信と決意を示しており、外国メディアは昨年に予想した中国経済の「ハードランディング」という悲観的な論調を一転させ、中国経済の発展が安定することで、世界経済にポジティブエネルギーをもたらし、世界経済を推進する「安定装置」になると評じた。 ロンドン金融街シティのアンドリューパームレイ市長は「中国の成長と安定は世界にとって有利であり、ある程度において中国の成功は世界の成功だと言える。 」と述べた。

メキシコのベラクルス大学、中国-ベラクルス研究センターのアニバールソートレ研究員は、中国が対外開放政策を堅持し、貿易、投資、インフラ建設を積極的に推進したことを賞賛し、「多数の国に共同発展の機会を提供してきた。

世界も中国の前進に便乗し、中国とともに発展することを望んでいる。 」と語った。

英紙『ガーディアンウィークリー』は両会の意義をこのように評論した。 「一瞬のうちに、これらの会議は中国国内の事務に関わるだけでなく、事実上、世界の大国が世界の事務を処理する場になっている。

」独特の良さのある風景、中国モデルは世界に評価されるブラジルの法律専門家、エバンドロカルヴァーリョ氏は「中国の社会主義による民主制度は独自の特徴があり、世界で唯一無二であり、中国の国情と歴史の伝統に適合している。 西側の民主は危機に直面しており、まさに中国式民主を真摯に検討する時機が到来したと言える。

」と語った。

近年は西側諸国で世界的なポピュリズムが台頭し、「ブラックスワン」(めったに起こらないが、壊滅的被害をもたらす事象のこと)が頻繁に発生しているが、中国は特色ある社会主義路線を安定して前進し、こちら側の風景は独特な良さがある。 米国の『ビオジネスインサイダー』、シンガポールの『聯合早報』を含むメディアは、両会を代表とする中国の民主的な策定プロセスは、質と効率が高いという特徴を備えており、「中国モデル」は西側以外のもう一つの選択肢になり得ると評じている。 今回の両会では、3000人近い代表が計514件の議案を提出し、議案は中国社会の発展のさまざまな方面に及んでいた。 聞かれれば必ず答える記者会見や注目問題に応じる「部長ルート(両会期間に大臣クラスの人物の部長が記者の取材を受ける場所)」により、両会はすでに中国式民主を世界へ向けて示す開放されたプラットフォームとなった。 オーストリアの元首相、ヴォルフガングシュッセル(WolfgangSchüssel)氏は新華社記者に、「国家の重要な議題と長期的目標において、(西洋諸国は)比較的短期的な見方をしており、政党間で互いに掣肘(せいちゅう)し合っている。

」と述べ、「中国のやり方は体制内部で安定性を維持していた。 」と語っている。

協力互恵ウィンウィン 中国の方案が世界の潮流を牽引するデータによると、両会期間中外国メディアに最も多く登場した言葉は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」と「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)だった。 2016年だけで中国企業は「一帯一路」沿線国20カ国に56の経済貿易協力区を設置し、累計投資額は185億ドルを上回り、ホスト国に11億ドル近い税収と18万人の雇用を創出した。

欧州議会欧中友好グループ事務局長のゲーリン(音訳)氏は、「(中国の)政府活動報告は多くの世界的な議題に解決策を提起し、中国の責任を負う大国の担いを体現した。 」、「『一帯一路』の枠組み下での欧中協力は史上前例を見ないものだ。 」とみなしている。

国際世論は、世界でさまざまな不確実性が高まっている今、中国の両会は「世界平和の建設者、グローバル発展の貢献者、国際秩序の守護者」となるシグナルを伝えており、その意義が重大だとあまねくみなしている。 英国ケンブリッジ大学のマーティンジャック教授は、「中国は一種の『新しい可能性』を提起した。 これこそが、ジャングルの法則(叢林的法則)を放棄し、強権による制覇をせず、ゼロサムゲームを超えて、協力互恵ウィンウィン、共同建設共同共有の文明発展の新たな道を切り開くだろう。 」とみなしている。

(新華社より)推薦記事:。